2018-10

イベンター

選ばれた人だけ招待するイベントをやるかどうか

集客の得意なイベンターは、スペックやコミュニケーション能力の高い人だけを集めた、非公開イベントを開催することもあるそうです。 SNSに写真だけ上がって「おお、こんなことやってたんだな」と気づくこともあります。
地域活性

五本木が地元?「そこそこ美女と野獣」から見る東京の中の田舎

森川葵が出演する「そこそこ美女と野獣」をたまたま見つけて、イーアイデムという求人サービスがあることと、イーアイデムが「地元ルネサンス」という、地方での働き方を模索するプロジェクトを起こしていることを知りました。
地域活性

地方創生・地域おこしに興味を持っていまだ迷っている話

地方創生・地域おこしと言った話がメディアによく出て来て数年、色々な話が飛び交っています。 僕も地域活性・地方創生に興味を持っていますが、専門家でもないですので、いまだ何をすればいいのか・どころか何がしたいのかすら明確ではありません。
スポンサーリンク
時事

消費者金融の仕事をこれから始める人はマゾとしか言いようがない

数年前、4年ぐらいかけて友人に貸した20万円を返してもらったことを思い出しました。10年くらい前から過払い金請求でバンバンサラ金がつぶれたことから冷静に考えればわかるのですが、今の時代サラ金なんて本当にビジネスモデルとしては成立しません。
イベンター

「スタッフとしてイベントを手伝わせてほしい」という人への対応

イベントの告知を行っていると、参加者の中には「スタッフとして手伝わせてください」と言ってくる人がいます。主催者やイベント自体のブランドに惚れ込んでいるからなのか参加費払いたくないからなのかは分かりませんが、そういう人について今回は取り上げます。
時事

東京医大不正入試のクラウドファンディングでの被害者支援が胸熱

今まで、大きな組織と戦う人へのクラウドファンディングというものがあればいいのになと思ってたのですが、遂に出て来ましたね。
学生向け

国家公務員試験総合職採用試験の最終合格は難しくない

国家公務員総合職試験はキャリア官僚になるためのパスポートで、過酷な試験を合格しなければならないと言われています。それは半分本当で半分大げさに言われていることです。ただ、普通の人が手の届かない試験ではありません。
イベンター

イベントの代理申し込みは受け入れない方がいい

イベントの告知をする時、参加者が「友人の〇〇君と△△ちゃん連れてくるね」と言うことがあります。イベント参加者が友人を連れてきてくれることは大変助かるし嬉しいことですが、こういう代理申し込みは基本的に受け付けず、正規の手続きを踏んで参加してもらうのがトラブルの予防につながります。
イベンター

クズ幹事道のススメを執筆した人は立派な幹事った

はてラボに投稿されていた「クズ幹事道のススメ」という記事を発見したのですが、この執筆者、「自分はクズ幹事」だとか「自分がされたら怒る」だとか言ってますが、書いてあるTIPSを見ると、これを徹底してやれるなら本当に立派な幹事です。
学生向け

人と会って話を聞きまわっている人はコストと効果測定を記録するべき

特に意識が高く、やってみたいことがまだ不明確な学生に多いのですが、 「何か新しいことを始めたい、そのために今は色々な人に会って話を聞いて回りたい」 といいつつ、交流会やSNSで知り合った社会人の人や予定の空いている時間にカフェで...