時事

時事

官僚が失敗するとわかっている政策を創る経緯が分かった話

引っ越しをした時、マンションのオーナーのほとんどが「こどもがいる外国人」の家族を忌避していることに気が付きました。同時に、なぜ頓珍漢な国の施策が通るのか少しわかったような気がしました。
時事

水商売を反対するフェミニズムは新たなセーフティネットを作るべき

こんにちは、幹事長です。 タイトルと絵柄に惹かれてこんな本を読み終わりました。 ~江戸時代の遊郭の楼主に転生したので、遊女と吉原の未来を変えようと思う~ なろう系のノベル、文章もシナリオも適...
時事

嵐山町役場のパワハラ事件の被害規模を考察する

こんにちは、幹事長です。 何と埼玉県嵐山町で、課長によるパワハラで部下が3人も休職するという事件が起こったみたいです。 要約すると ・嵐山町の50代の課長が、部下に対して暴言などのパワハラを行う ...
スポンサーリンク
時事

未婚率の上昇が国にとってヤバいと考える一つの切り口

個人的に、子育ては権利ではなく、ある意味義務だと思っています。 というのも、「こども」が将来の日本を支えるリソースであると考えるのならば、将来自分が年をとったときに支えてくれるのも、こども世代です。
時事

乳児取り違えが10代で判明したら本当にどうするの?

ごくまれに判明する病院の乳児取り違え問題ですが、これって取り違えられた人の・・・場合によっては家族の人生を大きく歪めるきわめて重大なインシデントです。 順天堂大学で少し前にも判明しましたし、「片や裕福な家庭、片や貧困家庭」のこ...
時事

幹事長の宗教に対するスタンス

大学生の頃、同じ学科の友人が某宗教の活動を熱心に行っていました。 (現在、友人は既に脱退していますが、やめるまでに色々と大変だったそうです) ある時に、友人から某宗教の勉強会に誘われました。
時事

おじさんLINEごっこから見る年の離れた人との会話の仕方

時々実物のスクショを回されることがありますが、送られてきた女性は非常に困惑しますし、おじさん側も悪びれずに若い女性を困惑させるようなLINEを送っていることがわかります。
時事

国債を買ってもモテなかったら財務省をJAROに訴えたい

2010年に財務省が婚活男性向けに「女性は国債持つ男性に引かれる」という変な広告を出していました。
時事

繁忙期に経歴詐称をカミングアウト!非正規やニートの裏技的社会復帰

とにかく会社を選んで「入社する」ことを目標として経歴を加工します。どういう形で偽装するかについてはあえてここでは述べません。年金記録も工夫すれば何とかなります。
時事

庶務ミスによる損害をタイムカードの不正打刻で取り返した人の話

タイムカードの不正打刻は、残業代を掠め取る立派な横領ですが、ある職場でも、不正打刻が発覚したのですが、不正打刻を行った社員には一つの言い分がありました。これをどう措置するかについては、非常に頭の痛い話でした。