レビュー

レビュー

「勝又健太の雑食系オンラインサロンで学んだ」と言わない方がいい場合

以前雑食系オンラインサロンを勧める記事を投稿しました。 ただ、みんながみんな勝又さんになれるわけではありませんし、なる必要もないとも思います。
レビュー

マコなり社長 | 職場の愚痴は絶対に言うべきでないのか? |愚痴嫌い

マコなり社長の経営する株式会社divでは、陰で愚痴を言う人に対しては毅然と厳しい対応を取るようです。 内部統制が機能していて、社長のバカ殿化とヒラメ社員の発生を防ぐことが出来るのならば理想の対応だと思います。
レビュー

レベル高い?|勝又健太の雑食系エンジニアサロンはお勧めか

結論ファーストで言うなら、ハイレベルなウェブエンジニアを目指すならばお勧めです。 十人並みのエンジニアでもいいのでしたら、勝又健太さんの求めている内容についていけなくてもいいです。
スポンサーリンク
レビュー

ナディアとジャンは第二次世界大戦を生きたか?【ふしぎの海のナディア】

今回は、ジャンとナディアは20世紀の世界を見てどのように思ったか、どのように生きたのか…ナチスドイツのホロコーストや広島、長崎への原爆投下の時まで生きていたのか?についてまとめました。
レビュー

ラノベで感じた|非正規雇用と正社員の格差が問題な理由

邪悪にして悪辣なる地下帝国物語の中で、相手兵士の進路に大量の財宝を置いていくという作戦がありました。すると、傭兵は財宝を持って戦場から逃亡して、騎士はそれを必死に止めようとしていました。
レビュー

当時ショッキングだった魔王オディオ‐LIVE A LIVE–の物語

オルステッドは親友ストレイボウに裏切られ、人々から「魔王」と罵られて、最後には最愛のアリシアにまで裏切られ、魔王になりました。 魔王になって、ルクレチアから人類をまさに「絶滅」させたオルステッドがどう思ったかは知らないですが、別世界(我々の世界)の各時代の英雄を召還するところから最終編が始まります。
レビュー

勘違いしないために「人生は、勘違いさせる力で決まっている」本を読むべし

作者も、途中書いていますが確かにこの本は、「いかに周囲の人を勘違いさせて成功するか」というよりも「他人に勘違いさせられないようにするために」読むべきかなと感じました。
レビュー

リトルマエストラを見て感じた地方創生の今後

2012年に上映された、石川県志賀町福浦を舞台とした「リトルマエストラ」は、有村架純主演の邦画です。
レビュー

藤子・F・不二雄が偉大な漫画家である理由

大長編ドラえもんシリーズの作品は、わずか200ページ足らずの中にあれだけのスケールの話が敷き詰められています。しかも無理な情報の詰め方がされていないため、小学生でも疲れることなく読むことが出来ます。
レビュー

「天使は奇跡を希う」から見る田舎の想い入れとしがらみ

天使は奇跡を希うというライトノベル、愛媛県今治市がモデルの話です。物語では、今治の雰囲気をかなりの完成度で再現しています。
タイトルとURLをコピーしました