イベントページに「不参加」と「遅刻」のコメントは書かないでほしいという話

イベンター

こんにちは、幹事長です。

 

最近イベンターたちの中で「参加しません」「不参加です」と、みんなが閲覧できるページに書き込む招待者に対する意見が話題になっていました。

 

僕もFacebookのイベントページを告知に利用することが多いのですが、イベントページを使用している主催者は、こういった書き込みに頭を痛めているみたいです。

それは、不参加やドタキャン、遅刻することをみんなが見ることが出来るページのコメント欄に書き込む人がいることです。

「その日は参加できません」
「やっぱり参加できなくなりました」
「今日遅れます」

みたいなことを書かれたら他の参加者のテンションも下がりますし、イベントがスカスカな印象を持たれてしまいます。

 

「この主催者、人望無いんだね」

 

と言われているような気がします。

 

 

また「遅れます」を書き始めた人がいたら平気で遅れてくる人が連鎖してしまいます。

「それを礼儀だと思っていた」

という人も中にはいました。

その誠意は尊重したいですが、どうかそういう書き込みはコメント欄ではなく主催者に送ってください。

厳しい主催者ですと書き込まれるたびに予告なしで削除している人もいるみたいです。

まあFacebookの非公開ページに招待されて「不参加」ボタンを押すことは仕方ないかなとは思いますが、正直あの機能はなくてもいいのではと思います。

 

酷い書き込みですとですと、スタッフないし参加者の誰かと揉めたこと、対応への不満を殴り書きしたうえで「行きません」と書き込む人もいるそうです。

 

これは、はっきり言って営業妨害です…

 

以前参加したことがある某合宿イベントでもスタッフがそれをやったうえに抜けたせいで参加者のキャンセルが相次いだことがありました。
ああいうことは人としてやってはいけません。

多分、この辺の感覚は自分が主催したことないと分からないこともあります。
が、ここで主催目線でのお願いを書きましたので、この記事を見てしまった人は、どうか今後ご配慮ください。

 

番外編:メーリングリストがあった時に経験した話

およそ10年くらい前はまだグループ連絡用にメーリングリストが使われていました。

その際、あるイベントの打ち上げの出欠をメーリングリストに募ったのですが、その時にとある社会人の人が
「同年代の人が少ないので参加しません」
と全体メールで返信してきました。故意に。

どういうつもりかわかりませんが、こういうことされたら打ち上げの雰囲気に水を差されるので本当に困りました。

 

 

なのでこの記事を見た皆さんは、不参加の時に「不参加です」という書き込みは控えてくださいね。

スポンサーリンク