結婚式後のパーティーを安価なフリーランスに頼んで失敗した話

婚活の特集

こんばんわ、幹事長です。

いざ結婚が決まったら「式を挙げよう」「ウェディングパーティーをやろう」となりますよね。

そうすると、やはりどうしてもお金がかかるのではないんでしょうか?

家族だけの結婚式でも100万以上かかるのが通常ですし、親戚友人を含めて披露宴まで行うと400万以上…ということになります。

そんなお金をポンと出せるほど貯金できてたらいいのですが、多くの人の場合、結婚後の新生活にもお金をかけたいところですし、ここでなるべく出費を抑えたいと思うのではないでしょうか?

 

僕は過去、結婚パーティーを格安のフリーランスに頼んで失敗しました。
(さすがに結婚式の方はワタベさんに頼みました)

今回はその時の話と、「フリーランスの責任」についてお話します。

 

 

 

スポンサーリンク

一生に一度の目出たいことなのだから式くらいはやりたいというのがほとんどの人の願望なんだよな

結婚関係の行事にはやたらお金がかかります。
しかも項目を一つ一つ見てみると「花 5万円」「ウエディングドレス持ち込み代 ン万円」みたいに、それぞれは最高の原価率で、何でこんなに払わないといかんのだ!と思っていました。

 

そんな時に「格安で結婚式やパーティーを行えます」というフリーランスの人を友人に紹介してもらって、その友人を立てる気持ちもあってその人に依頼してみました。

 

結論から言うと「親しい友人のみを呼んだパーティーだったのが不幸中の幸い」というような内容でした。

僕も困りましたが、妻が段々不機嫌になってきて正直それがきつかったです…

 

 

 

とにかくなかなか連絡がつきにくかった

LINEが基本的な連絡手段だったのですが、時たま数日単位で連絡がつかなくなりました。
当然そういうことされたら非常に困ります。

最近はSNSでのインスタントなやり取りがトレンドみたいですが「必要な時に(せめて明確に営業時間定めて)会社に連絡がつく」状態でないというのは本当に不便でした。

 

 

「担当の式でトラブって打ち合わせに遅れる(来れなくなる)」ことがあった

人の体は一つしかないのでフリーランスだとこうなるのですが顧客側としてはそんな事情知ったことではありません。

 

 

 

当日の出し物が全体的に雑

パーティー自体が破たんすることは幸いにもありませんでしたが、「欠席」と返事した人を待って開始を遅らせたり、ムービーに弟の写真を使っていたり、後日いつまでもビンゴの景品が届かなかったりと、おそらくすべての作業をその人一人でやってるのだろうなというミスがチラホラ見えました。

 

 

 

会場にお金の入金を忘れて同日別の担当会場に移動

会場のオーナーから僕の方に連絡が来ました。
会場費総計すると相当な額があるのでオーナーの気持ちも分からないでもないですが、僕の方に連絡するのはどうかと…

さすがにこういう不手際で僕に火の粉が降りかかってくるのはどうかと…

 

 

 

ウェディング関係の行事が高額なのはリスクヘッジであることがよくわかった

たとえば、当日花が届かないとします。

そういう時に「何が何でもどんな無理してもいいから用意しろ」というための高いお金なのです。
数千円程度の花が5万円以上するのはそういうことなのでしょう。

フリーランスの人にそれを頼んでもまず厳しかったのではないでしょうか。

本当に幸いにも結婚式をその人には依頼しなかったですが、もし格式のある式であんな不手際した場合は全額返金どころか最悪訴訟問題になります。
そのことは本人にもはっきりと伝えました。

 

 

 

本人の名誉のために断っておくと、その人は決して仕事ができないわけではない

そのフリーランスの人は、元々ウェディング業界に就職して2年目で一つの部署を任されるなど、非常に優秀な出世頭だったそうです。
ブライダル業界に疑問を抱き、フリーランスとして独立したという話です。

ただ、バックアップもなく仕事をキャパ以上に抱えすぎていたわけですね。

そんなことしたらどんなに優秀な人でも破たんします。
オグマがどんなに強くても単身で地竜の集団に突っ込ませたらどこかで焼き殺されます。

僕もフリーランスではないですので、どういうマネジメントが理想なのかは自信をもって説明できないですが、今回のようなことがあったら「これだからフリーランスには頼めない」ということになります。

まあ、数年前の話なので今その人がどうなっているかはわからないですが…

スポンサーリンク