公務員が志望通りの部署に就いたらやりたいことが制約されることも

働き方

こんばんわ、幹事長です。

公務員試験を希望する皆様、志望理由ってありますか?

「安定しているから」

でも別にいいはずなのに、面接官側はそれを嫌がります。

 

「行政の明日を切り開く人材が欲しい」と言いながらそういう人が本当に入ってきたら敬遠する人が多いのはいかにも…ですが、中には本当にその組織に入ってやりたいことがある人も間違いなくいます。

 

ただ、気を付けてください。

公務員は希望通りの部署に就いたらかえって「やりたくないことしかできなくなってしまう」こともあります。

 

正直「デモシカ」で役人になったおっさんたちに「夢は?ビジョンは?」などと言われても非常に不愉快な話なのですが、やりたいことや希望することを抱いて地方公務員になった場合、やりたいことを叶えることは至難の業だということを説明します。

 

 

スポンサーリンク

役所の基本はジョブローテート

同じ市役所や県庁でも、総務や福祉、教育や環境など様々な部署があります。

専門職採用でしたらある程度異動する範囲は決まりますが(それでもどこに放り込まれるか分かったものではない)、大抵の場合は3年単位でローテートさせられます(ジョブローテートの良しあしはここでは議論しません)。

それを踏まえた上で「どんなことやりたいか」という質問をする面接官はどうかと思いますが、とりあえず新人が希望の部署に配属される保証はありませんし、配属されても数年で異動させられる可能性が高いです。

適性や希望を見て配属が決まると言われますが、それもあくまで人事の都合で動きますので、自分でコントロールすることは限界があります。

 

 

希望の部署についたがゆえに苦しむことも

希望の部署に配属された場合、公務員であるがゆえにやりたいことが出来なくなることもあることに注意してください。

もし希望叶ってやりたい仕事ができる部署―たとえば福祉課―に配属されたとします。

 

あなたは「ここで生活に困っている人に寄り添って、一人でも多くの人の生活を立て直すことを手助けしたい」と思って仕事をします。

しかしながら気を付けておくべきことがあります。

公務員は法律に従って仕事をする必要があります。

 

例えば生活保護。

「実際には困っているけど法的要因を満たしていないから受給させられない」

人には受給させられないこともあります。

また、上司からの命令で一定人数の生活保護打ち切りのノルマを課せられます。

これに関しては法的根拠がないかもしれませんが、もしあなたが強硬にごねて打ち切らなかった場合翌年には別の部署に異動させられて、今度は別の人が打ち切りにかかります。

 

また、あなたが福祉課の公務員であるがゆえに仕事で出会った人にアフターファイブに個人的に手助けすることも(表立っては)できません。

つまり、希望の部署に配属されたがゆえにやりたいことが出来なくなることもあるのです。

 

夢も希望もない話かもしれません。

僕個人としては、例えば生活困窮者を支援することを考えたら公務員になることを現状では薦められませんが、もしそういう実態を知ってなお「自分が官の立場で出来ることをやりたい」と思って福祉課の職員を希望する人がいたら、非常に応援したいです。

 

スポンサーリンク